こんにちは。 Yuです。

 

タイトルの通りなのですが、

 

完全に素人だった自分が、どう学習を始めたかを書いていこうかと・・

 

勉強を始める前の準備みたいなものですね。

 

これから始めてみようかな?と思ってる人に

少しでもお役に立てればと思います。

 

スポンサードサーチ

最初に何が必要?

結論みたいになりますが、

用意しておくのは

 

・パソコン

・エディター

・Githubのアカウント

 

最初の導入はこれでいいかと思います。

 

パソコン

これが無いと始まりません。

WindowsかMac

お好きなものをご用意ください。

僕は、Macを使用しています。

 

エディター

プログラミングを作る際に、コードというものを打ち込みます。

コードを打ち込むためのパソコンのツール

と思っていただければいいと思います。

色々種類があるのですが、

今回は、Atom(アトム)というエディターを使って紹介します。

 

Githubのアカウント

こちらは、次回説明しようかと思います。

ざっくり言うと・・・

オンラインで誰でもみれるメモリーカード

こんな感じかなw

ものすごく重要だったりしますので次回に。

 



実際コードを入れてみよう

と言うわけで

 

まずはエディターを準備します。

https://atom.io/?_fsi=snGejAMH

こちらで普通にインストールしていただければいいかと思います。

インストールしたら

こんな感じの画面になるかと

untitleという表示だけかと思います。

こちらに今回は

Hello World (定番)

を打ち込んでみます。

こちらを保存しないと反映されないので保存します。

 

Macだと、コマンドキーを押しながらSで保存できます。

不安ならメニューバーから「ファイル」→「保存」でも構いません。

新規保存なので、この画面が出るかと思います。

名前を付けていただき、保存場所も設定しましょう。

今回はデスクトップに保存します。

これで保存のボタンを押すと保存されます。

デスクトップ上にテキストファイルとして保存されてます。

ちなみにここから名前の変更も拡張子の変更もできるので

こちらをtxtにしておきます。

ファイル上書き

これも、いたって簡単

Atomを起動後、「ファイル」→「ファイルを開く」で任意のファイルを開きます。

あとは、先程と同じで編集後保存をすれば終了です。

 

エディターのプラグイン

いわゆる拡張機能です。

 

あると作業効率が上がるのでいくつかご紹介を

まずは、Atomを起動後、環境設定をクリック

 

すると、このような画面が出ます。

こちら表記は日本語ですが、

これもプラグインの一つです。

こちらから、インストールを選択します。

こちらに検索欄があるので、欲しいプラグインの名前を入れます。

先に日本語化のプラグインをご紹介します。

japanese menu

文字通り、メニュー、テキストバーの日本語化ができます。

先ずはこれを入れれば混乱は無くなるかと思います。

結構忘れがちなんですが

 

インストール後は有効化もお忘れなく。

 



自由にカスタマイズ

極論から言うとこうなるのですが、

プラグインは無数にあるので、欲しいものをググるのが一番いいかと思われます。

とにかくたくさんあります・・・w

ちなみに僕は、初めてAtomをインストールした時、下記のサイトを参考にしました。

https://macoblog.com/atom-plugin/

これで、お好みのプラグインを入れて

 

自分専用のエディターの完成です

終わりに

ここまでできればコードの描く準備はほぼ完了です。

次はGitについてお話してみようかと思います。

 

では次回Git編にて

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Yu Okawara

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA