おはようございます。Yuです。

 

去年、タイと一緒に旅行したカンボジアについて

 

まだ書いていなかったなあと思いまして・・

少し書いてみようかと思います。

とはいえ、僕はシェムリアップという街にしか行っていなかったのでそちらのご紹介です。

 

スポンサードサーチ

シェムリアップとは?

名前を聞いて最初は???でした。

アンコールワットのある街といえば、一番わかるかと思います。

去年の四月終盤に行ってきました。

 

日本からのアクセス

実は、シェムリアップまでは直行便がありません。

プノンペンから乗り継ぎか

バンコクから乗り継ぎのどちらかがお勧めです。

僕はバンコクから乗り継ぎました。

バンコクからは約45分ほどでシェムリアップの空港まで到着しました。

 

とても早い・・・

 

ついたときに記念にパシャりと。

お迎えはトゥクトゥク

実はトゥクトゥク初体験でしたw

アジアきたなあと感慨深かった・・

ご覧の通り、空港の周りの道は綺麗に舗装されてます。

そんなに汚いイメージはありませんでした。

むしろ普通。

土の色が赤いので、

あ、テレビで見た感じだ

と一人納得していましたw

世界遺産に行ってみよう

シェムリアップの代表的観光地

アンコール・ワット、アンコール・トム

これに行かなくては勿体無い・・・

というわけで行ってみましょう。

ちなみに僕は、オプションツアーに申し込んだのでとても楽に過ごせました。

https://www.pandabus.com/rep/

初めての方はお勧めかなと。

アンコールワット以外にも、アンコールトムも有名な遺跡なのでこちらもご紹介。

 

アンコール・トム

アンコール・トム (Angkor Thom) は、アンコール遺跡の1つでアンコール・ワット寺院の北に位置する城砦都市遺跡。周囲の遺跡とともに世界遺産に登録されている。

「アンコール」は、サンスクリット語のナガラ(都市)からでた言葉。また「トム」は、クメール語で「大きい」という意味[1]

※Wikipediaより

とにかく広い印象。

ザ・遺跡という感じです。

これは入り口です。

定番コースなので、観光客いっぱい。

中はこんな感じに色々とあります。

映画のセットのような感じでしたが、紛れもなく本物

ちなみに、映画「トゥームレイダー」もこのシェムリアップでロケしたようです。^^

アンジェリーナ・ジョリーさんがララ・クロフト役でしたね。

なんかゲームの世界に入った感じで迫力はありましたね・・

めっちゃ広いし、意外と高さがあります。笑

そして、おサルもいる。

気温37度で湿度80%くらいだったから、おサルもバテ気味・・

ちなみに、四月、五月頭はめっちゃ暑いのでくれぐれも体調に気をつけてください。

 

水分補給も忘れずに。

 

アンコール・ワット

アンコール・ワットクメール語អង្គរវត្ត英語Angkor Wat)は、カンボジア北西部に位置するユネスコ世界遺産文化遺産)であるアンコール遺跡の一つであり、その遺跡群を代表する寺院。ヒンドゥー教寺院として作られたが、16世紀後半に仏教寺院に改修され、現在も上座部仏教寺院となっている。

クメール語でアンコールは王都、ワットは寺院を意味するため、アンコール・ワットは「国都寺院」という意味となる[1]。大伽藍と美しい彫刻を特徴としクメール建築の傑作とされ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれている。

※Wikipediaより

説明不要の、超有名な遺跡

日本では昔、南の天竺と呼ばれていたそうです。

お堀があるので、雨季の時は遺跡が水面に写って綺麗だそうです。

水が少なかったので、うまく写らなかったのですが・・

 

中はまさに探検気分^^

 

細かい装飾の壁画が延々と奥まで・・・

 

江戸時代に訪れた武士の方もいたそうです。

見えにくいのですが、実は日本語が書かれています。

右の壁は、内戦の時に消されてしまったそうです・・・

 

ちなみに、アンコール・ワットとアンコール・トムは

入場券が必要です。

しかも米ドルで販売しています。

半日、1日、3日券とありますので、用途に応じてご購入ください。

政府のチケット販売センターで購入できます。

 

シェムリアップの街中

観光が終わったら街中を散策してみましょう。

治安も悪くないし、とても散策しやすいですよ。^^

 

パブストリート

メインの繁華街、観光客の人も沢山います。

料理屋さんも沢山あり美味しいですよ。

虫とか食べれる料理屋さんもあるみたいです。(食用虫)

夜にはナイトマーケットもあるので橋を運ぶのもいいでしょう。

夜はこんな感じ、綺麗に撮れたムービーがなかった・・

次回リベンジします。

アンジェリーナ・ジョリーさんの通った、Red PianoというBARです。

2階もあるし、広くてお勧め。

トゥームレイダーというカクテル。

何か、当たればTシャツくれるイベントやってました。(笑)

 

料理はクメール・キッチンというお店で

アモックという料理を食べました。

白身の魚の入ったカレーみたいな感じです。

結構美味しい^^

自分には合いました。

帰りも、トゥクトゥクで送迎してもらいました笑

 

終わりに

カンボジアには2泊しかできなかったので、次回行く時はその倍は滞在したいですね。

不思議な魅力があり、なぜかまた行きたくなる。

居心地はよかったです。^^

 

ちなみに、通貨はほぼ米ドルなのでご注意ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

では

 

Yu Okawara

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA